ゲームのblog

プレイしたゲームの攻略の記録&備忘録



ストレンジブリゲード ミッション03 プレイ動画
XboxOne版。 難易度イージー(難易度 実績が無いので)
使用キャラ クインシー教授。(探索要素の私的備忘録も兼ねてるので、探索特性のある教授でプレイ)

内容
 この辺から多少難易度アップ。
 ここでの教授のみが開けられる祠は1つ。(場所は動画参照、まだ未発見ありかも)

 絵柄が三角形の中にあるパズルが初出。ヒントはランダム配置。(4~5パターンのランダム)だいたいはパズルのあるエリアの壁・柱・大き目の木に表示される要探索。

 スカラベの巣から出るスカラベの量がアップ。油断したり突撃すると即死もあるので、銃撃すると火を落とす明かりなどを利用して、時間をかけて巣の弱点を撃って行く。

 ガイコツ兵が出る所は、段差のある場所から銃撃で倒して、段差を登ってきた敵は格闘で倒して行く。途中から背後から敵が来るので、周囲警戒が必要。心臓が残るガイコツ兵は、心臓を残しておくとガイコツ兵がリスポンするので、心臓優先で破壊しておく。(出来れば心臓破壊時の衝撃で、他の敵を巻き込みたい)

 中ボス・ラスボス戦は、動画のように通路の行き止まりに陣取り適宜雑魚を倒し、ボスをSP武器と魔法で瞬殺する手もありますが、難易度が高いとボスと火を吹く敵の連携攻撃で瞬殺される事もあるので、状況によっては開けた場所に出たほうが良いかもしれません。
 なお、ラスボス戦はラスボスを倒しても、最低1体火を吹く敵が出て来るので、それを倒してから魂の檻を解放。





ストレンジブリゲード ミッション02 プレイ動画
XboxOne版。 難易度イージー(難易度 実績が無いので)
使用キャラ クインシー教授。(探索要素の私的備忘録も兼ねてるので、探索特性のある教授でプレイ)

内容
 ここでの教授が明ける事の出来る祠は2つ。(場所は動画参照)

 ゲーム序盤と終盤にある船に乗った宝箱を取る謎解きですが、全くヒントがありません。暇つぶしに適当に撃ってたら船が上がって来て分かったくらいです。
 ゲーム序盤の船
  船が吊るしてある場所から、6体のゾンビを狙撃。今何体狙撃できているかは、傍にあるスカラベに色が付くのでそれで分かります。
 ゲーム終盤の船。
  船が沈んでいる池を泳いでいる金色の魚を6匹撃つ。撃ち損じるとその分、撃つ数が増える(ただし、増えるのは最大で10匹(か8匹))ので、連続して6匹撃つ。(当たった時には、金貨を取った時の効果音がなります)

 ここは進行ルートが2つの場所があります。片方は敵が大量に出るルート、もう片方は宝箱やパズルが出るルート。Coopでは2手に分かれて両方取るのが効率が良いですが、ソロだと両方行くと時間がかかるのが難点。

 鎧や盾を持っている敵は、ヘッドショットで大ダメージといきたい所ですが、乱戦時にはそうもいかないので、遠・中距離ではヘッドショット狙いで近距離では足や足元を撃って転ばせてからストンプ・キルが良いかと。(スペースがあるなら、後ろに下がって間合いを保つのが一番ですが)

 ボス戦は、魂の檻の裏手に陣取って、出現したら即SP武器撃ちまくって瞬殺するのが得策かと。ボスの攻撃はローリングで回避できますが、意味不明な当たり判定で当たった事にされる時があるので、瞬殺するのが安全かと思います。なお、歩きや走りで逃げようとしても角を曲がろうが何だろうが、一切減速せずに曲がって追尾してくるので、お勧めしません。デコイ系の魔法を持っているキャラなら、魔法でその間に攻撃する手もあります。(ただし、デコイに引っ掛かるまでは近づいたり攻撃してはいけません)




ストレンジブリゲード ミッション01 プレイ動画
XboxOne版をプレイ。 難易度イージー(難易度 実績が無いので)
使用キャラ クインシー教授。(探索要素の私的備忘録も兼ねてるので、探索特性のある教授でプレイ)

内容
 チュートリアルも兼ねた最初のミッションなので、謎解き要素に特記事項無し。教授のみが開けられる祠は1か所。

 ステージボスと特定数敵撃破以外の場所は全スルーも可能。(その場合のプレイ時間は15~20分)最初のステージながら、敵が側面・背後に回り込んでくるのでノーダメクリア狙いなら、戦闘中も銃構えを適宜解いて周囲を警戒する必要あり。クリアできれば良い場合は、戦闘中は常時銃構えっぱなしで。

 魔法の使い所が無いので、敵に囲まれた際の緊急回避程度の使用で良いかと。銃撃オンリーで充分クリア可能。

 道中のCoop時はゾンビアーミーもそうだったのですが、バラけて行動した方が敵戦力を分散出来ます。最初と最後にあるカギを探す時も、全員一緒にいるより分散してるほうが敵を挟撃できて優位に立てます。

 ボス戦はボスであるミイラを倒さないと雑魚を召喚し続けるので、爆発物なり銃撃で雑魚をある程度散らしてから、ボス優先で撃ち込み再度雑魚が増えて来たら雑魚ちらしに戻るパターンで、ミイラを倒して行く。ミイラの放つパワーウェイブみたいな攻撃は、攻撃発生時のプレイヤー位置に直進して来るので、攻撃が見えたら2・3歩下がるだけで回避可能。ローリングでかわす手もありますが、ローリングで画面が見えなくなっている間に、ローリング終了位置に敵がインチキ・リスポンしてくるので、かなり祈祷性の高い回避になるかと。(難易度ノーマルくらいでは、起こらない現象ですが) CoopならナラングさんにSMG撃ちまくってもらって雑魚を誘導するか、教授またはフェアバーンのデコイ系の魔法を発動して雑魚を誘導、その隙に他キャラがミイラを袋叩きにして瞬殺というのが得策かと。



 

StranBri-001

ジャンルとか
 TPS(3人称視点シューティング)謎解き要素(パズルなど)有り。
 日本未発売(記事投稿時)
 日本語ローカライズ。メニュー・デモ含めて全日本語字幕。(ただし、一部アレな翻訳や文字バケあり)

ストーリー
 古代に封印された魔の女王セテキが復活。闇の勢力から世界を影ながら守る組織ストレンジブリゲードが、世界の破滅を企むセテキの野望を阻むため立ち上がる。

ゲームモード
 ストーリーモード 全9ミッション。
 謎を解いたり宝を探しながら敵を倒して、最後のボスを倒してクリアという定番スタイル。

 ホード 1ラウンド 15ウェ-ブx5ラウンドクリアのラストマンスタンディング式ホード。クリア済みウェーブ・ラウンドからの途中開始あり。武装・弾丸などはピストルから始めて、ゲーム中で獲得できるお金で購入するシステム。アップグレードはステージ中の宝箱から入手。
 取り敢えずプレイ時間が長いのと、変わり映えしない敵が大勢攻めて来るだけの単調さと、プレイヤーの後背に敵がリスポンする仕様で戦略性が全くない仕様。

 スコアアタック マップ上に現れる敵を倒しながらゴールに到達するとクリアとなり、それまでのスコアを競うモード。ハイスコア獲得には、スコアボーナスのかかる条件を満たすプレイをしながら、敵を連続して倒すと発生するコンボ倍率を下げないようにする事が必須。(逆に言うと、クリアするだけなら簡単にクリアできるモード)
 
オンライン要素
 全モードについてオンラインCoopが可能。(ただし、オンに人がいないけど)
 XboxOneやSteamについては、人少なめというか少ない。(PS4は分かりません)
 日本未発売ソフトなので回線状況悪く、いてもキックされると思います。(逆に人がいないのでプレイしてくれる人もいますが)オンラインについては、フレンドとプライベートで遊ぶには楽しめると思いますが、野良は期待しないほうが得策。

 あと、相変わらず迷惑プレイヤーが得をする仕様になっています。オマケに実績に迷惑プレイをしないと取れない実績があったりして、何考えているのか分かりません。

その他
 ゲーム全体が50年代の欧州圏のTVを模しています。テキストのフォントなどもそれに準拠。(日本語字幕では単なるゴシックですが)

 また、デモ中インプレイ中問わず、ナレーターによるナレーションが流れます。意味なく前転しようが何もせず突っ立てようが、とりあえずプレイヤーの行動やゲームの進行に合わせたナレーションが流れます。(「それでゲームがおもしろくなってるの?」と聞かれたら、「……」としか言えませんが、演出的な面白さには……、なってる……かと……かな?)

感想とか
 スナイパーエリートシリーズでお馴染みの、英国のゲーム開発メーカー”リベリオン”製作のTPS。同社のスナイパーエリート3やゾンビアーミーからのグラフィックやデータの流用が目に付くというか、まんまだったりします。

 という訳で、ゾンビアーミー同様に逃げても逃げても後ろから攻撃されたり、ダメージ食らってから敵が表示されたり、投擲系攻撃のモーションを見てから避けても投擲物がホーミングして来たりする、絶対攻撃食らう仕様になっています。(槍を投げた後に、右に避けてから左に二回ロールして避けても、槍がジグザグにホーミングして来て笑うしかありません)敵は壁の向こうから攻撃できるが、プレイヤーは出来ないなどの仕様も健在だったりします。

 謎解き&パズル要素は、ゲーム進行上必須なものは見て分かる程度だったり、多少ステージを探索すればどうにかなるものですが、中にはノーヒントなモノもあったりします。(解いてもお金が多めに入る程度)銃や魔法のアップグレードや購入に必要だったりするのですが、その辺が終わると無用な長物というか全スルーされるという初見プレイの足枷程度の要素となっています。(ゾンビアーミーみたいに、分からないと敵無限湧きでボコられるとかいう凶悪なのはないです)

 出て来る敵や謎解きのバリエーションが少なかったりと、色々と不満もあるゲームですが、スナイパーエリートシリーズ・ゾンビアーミーとこのメーカーのTPSをプレイして来た自分としてはその辺は織り込み済みで購入・プレイしてるのでそんなに不満ではなかったりします。その辺を織り込み済みでない人でも、さすがに使いまわした開発機材で作られたゲームなので、普通に遊べるレベルのゲームにはなっていると思いますので、フルプライスではお勧めできないですが、セールで半額くらいなら購入しても良いかと。


StranBri-006
プレイヤーキャラ その1 ナラング。
マサイの戦士となるべく育てられた女性。族長に「お前はやがて、空飛ぶ箱舟に迎えられる――」とお告げもらう。後に村に空飛ぶ箱舟(ブリゲードの飛行船)が来てブリゲードに加入する事に。旅団の常識人なれど、フェアバーンをからかうのが趣味。

 回避能力高め+格闘のリーチが長い+敵の的になり易い特性があるので、SMGか三点式ライフルで敵の注意を集めるのがCoopでの役回り。シングルだと後半つらいキャラ。
StranBri-007
プレイヤーキャラ その2 グレイシー。
英国の工場娘。工場主が悪魔と契約した事件に関わった事でブリゲードへ加入。
育ちが悪いせいか表向きガサツに見えるが、意外と女の子っぽい面も。爆発物依存症気味。

 ショットガンと爆発物で敵をガシガシ倒して、敵からアミュレットを出させるのがCoopの役回り。(魔法は緊急回避用に1回分チャージ程度で、残りは他キャラのために)
StranBri-008
プレイヤーキャラ その3 クインシー教授。
元は考古学者だったが、魔法学に転向したことでブリゲードに加入。
研究や読書に夢中になると、周囲が見えなくなるのでウェブスター女史にガチでキレられる事も。

 探索用キャラ。教授にしか開けられない秘密の祠もあるので、完全に探索用キャラ。ドンパチの特性も無いし、魔法も前半やザコをまとめて倒す程度しか威力がないので後半は探索以外は役立たずに。
StranBri-009
プレイヤーキャラ その4 フェアバーン。
スナイパーエリートのプレイヤーキャラであるカールフェアバーンと何らかの関わりがあると思われる。(顔も似てるし)狙撃能力をかわれて女史にブリゲードにスカウトされる。ブリゲードのイジられキャラ&イジメられっ子。

 ある魔法の運用方法を知ると、一気にバランスブレーカーの強キャラに。(特に後半面ボス戦)分かってないと単なる体力のある狙撃オジサンだけど、それでもCoopでは攻撃要員として有能なキャラ。
StranBri-010
装備画面はこんな感じです。
銃関係はあっさり全部購入できるのですが、問題はアップグレードパーツの珠玉と魔法購入に必要なレリック集め。(まぁそれも数回クリアすれば全部集まりますが)
StranBri-002
ステージ開始時デモは、50年代の英国TVドラマ風に。
カラーで作ってわざわざモノクロ化してます。
StranBri-003
パズル扉。
上に書いてあるヒントの絵柄の順番に扉の絵を撃って解錠。
ヒントはステージを進めていくごとに、妙な場所に書いてあったりして要探索です。
StranBri-004
道中は基本TPS。
ゾンビは動きが鈍いですが、攻撃モーションに入ると急に加速するので、その前に倒すか距離を取るのが基本の立ち回り。
StranBri-011
道中に宝箱もあったりしますが、銃を全部買うと使い道が全く無いという、スナイパーエリートシリーズ&ゾンビアーミーでもあった、問題点を改善する気は無いようです。
StranBri-012
StranBri-013
ボス登場デモの最後には、こういう画面になります。
日本でしか通じないうまい翻訳もあれば、わけ分からないものも。



dbh-game-002

 XboxOne用ゲーム デッドビートヒーローズ。
 
 エリアクリア型アクションゲーム。スクエニのパブリッシュレーベルであるスクウェア・エニックス・コレクションから発売されていますが、日本未発売・日本語未収録・英語のみとなっています。(記事更新時)価格は14.99ドル。

 1マップを複数エリアに区切って、そのエリアに出て来る敵キャラを倒すと次のエリアに行けるようになり、全エリアをクリアするとマップクリア。3マップクリアするごとに、ボス敵の出るマップがプレイ可能となり、ボス敵を倒すと次のチャプターがアンロックという形式になっています。

 プレイヤーキャラは、最初はジャンプ・ダッシュ(+壁走り)・パンチしかできませんが、マップクリアやプレイ内容に応じてアンロックされる特殊アクションでパワーアップして行きます。最初はマップクリアが目標になりますが、ある程度特殊アクションがアンロックされた後は、いかにコンボを繋いでノーダメ・好タイムの高ランククリアするかが目標になってきます。

 基本は格闘アクションですが、敵キャラにはそれぞれ攻略法が設定されており、それ以外の方法では倒せない仕様になっているので、敵をどう効率的に倒して行くかを模索するパズル的な楽しみ方も出来ると思います。

 英語が全く分からないという人には、敵キャラの攻略をヒント無しで自分で探さないといけなくなるので、ボスや中盤以降のザコ敵で詰んでしまうのでお勧めできませんが、中学レベルの英語が分かるなら何とか楽しめるかと思います。(ただし、ストーリーは分からないかと)


dbh-game-001
ゲームを起動すると、メーカーロゴとかの後、この画面が2分近く続きます。右下の画が動いている事でフリーズではなくロード中だと判断できますが、ロードが長すぎです。
dbh-game-003
ベース画面。
ココでアクションをアンロックしたり、練習プレイしたり、プレイするマップを選択したりします。
ストーリー関連は、赤マントの人が教えてくれます。
dbh-game-004
基本プレイ画面。
狭いと思われますが、コンボ繋いだり壁走りしたりで、ある程度プレイするとコレでも広く感じてしまう事も。
dbh-game-005
dbh-game-006
dbh-game-007
敵を倒すとアイテムを落とすのですが、それを一定数集めるとターボアタックという特殊攻撃をだせます。
上の画像はターボアタック時の演出なのですが、画的に何が何やら分からない事になっていて、今いち爽快感がなかったり。(ただし、ターボアタックの連続コンボが決まると、ちょっと爽快)





DZ-game-001

 XboxOne用ゲーム デンジャーゾーン。

 バーンアウトを作ったらしい人が作った、カークラッシュ・パズルゲーム。(DLのみ、日本未発売、日本語未収録、英語のみ)

 簡単に言うと、バーンアウトクラッシュの3D版といった感じのゲームで、マップ内でいかに派手にクルマをクラッシュさせて、ステージごとに設定された規定ポイントを達成するとクリアというゲームです。

 基本はパズルで、マップ構成やマップ上を走るクルマの動きを把握して、どこで自車をクラッシュさせるかをトライ&エラーで模索して行くのですが、適当に走らせて運や不確定要素で大クラッシュを発生させて、クラッシュによる破壊の快感を楽しむという遊び方も出来たりします。

 マップがクリアによるアンロック式なので、最初はトライ&エラーのプレイをしないといけませんが、マップアンロックだけならそんなに頭もテクも使わないプレイで行けます。実績とかハイスコアを狙うと難しくなってくるのと、ある程度は運と不確定要素が絡んで来るといった感じかと。(注 マップクリアのヒントが英語なので、英語が分からないと完全に自分で考えてプレイしないといけないので、少し難易度が上がります)

 DL価格は15ドルなのですが、私的にはまぁ価格分は楽しめて損はないかとなと思っていたりします。この手のゲームが好きでない人でも、セールで半額くらいなら買っても良いかもしれません。


DZ-game-003
まずはクルマを走らせないと始まりません。
操作はよくあるタイプ。
DZ-game-004
右からバスが来ますが、ここはガマンしてスルー。
DZ-game-005
バスをスルーして先に進むと、ジャンプ台があるのでジャンプ。
DZ-game-006
ジャンプの着地点にバスが並んでいるので、クラッシュ&爆破で一気にスコア獲得。
DZ-game-007
爆破に巻き込まれたクルマが、本線道路を通行中のクルマを巻き込んで更にスコアアップ。
DZ-game-008
最終的にここまでスコアを稼いでマップクリア。





proot-001


 XboxOne用ゲーム プロジェクトルート。
 南米はアルゼンチン製の全方位スクロール型2Dシューティングゲーム。全方位から襲って来る敵機と敵弾を撃って避けてしながら、1マップに複数あるミッションをクリアして進めて行く、海外の人が好きそうなシューティング。

 自機の武装は地上用と空中用の2種(同時使用可というか常時発射してるほうが有利)と、弾数制限あり(道中のアイテムで補給可)のサブウェポン
 体力+残機制。自機の防御力がなくなった状態で被弾すると自機1機減。
 マップクリア及びスコアで得られるポイントで武装や自機防御力をレベルアップする方式。(ただし、レベルアップは難易度別)
 
 自機に妙な慣性が効いてるため、直感的に動かせないのと画面外からでも敵が攻撃してくるので、弾幕系のプレイスタイルの人には向かないかと。その辺は諦めて防御力と残機を食いつぶしながら、クリア目標のミッションを達成していったほうが良いかと思います。ただ、攻撃力の高い追尾弾を出す敵が、ガンガン出て来るのでその辺をどう対処するかは攻略法を考えなければいけません。

 全体的な難易度は低めで、だいたいボスの周りを周って攻撃してればクリアできますが、同時にザコ敵や追尾系の弾が出て来るので、そっちを処理するほうが難しいかと。難易度ノーマルくらいなら、地道にレベルアップしてフルレベルアップすれば、オールクリアも可能なくらいの難易度。

 敵ライバルキャラが出て来たり、日本のゲームやマンガ・アニメとかの影響を受けまくりな感じだったりしますが、全クリアするまでプレイするモチベーションを、維持できるゲームかと聞かれると、残念ながら「はい」とは言えません。自分は安売りの時に500円くらいで買ったのですが、それでもかなり微妙でした。(折角買ったので取り敢えずノーマルクリアはしましたが)


proot-002
本作のざっくりとしたストーリー。
まぁ悪い奴いっから、キル・ゼム・オールというよくあるヤツです。
proot-003
本作の主人公ランス。
マップ開始前とクリア後に、こんな感じの静止画デモがありますが、絵が全部固定で、テキストが変わるだけだったりします。
このランス兄貴ですが猜疑心がやたら強かったり、勝つためには何でもする主義だったりと、主人公としてはどうかと思う部分が多々あったりします。
proot-004
本作のヒロイン シンチ。
萌え要素など一切ない所が海外製っぽいです。
なお、それ以外は特徴がなかったりします。
proot-005
proot-007

ゲームプレイ画面。
敵弾が雨あられと降っていようが、お構いなしに画面右下にテキストボックスが表示される仕様。もちテキストボックスに隠れて敵弾がいきなり現れたりするので、テキストを読む暇はありません。(注 画像はゲーム序盤の画面です。それ以降だと敵機&敵弾だらけでスクショを撮る暇がありません)
proot-006
自機を旋回中の射撃は曲がります。なので、コツを掴まないと弾を当てにくい仕様になっています。なお、敵弾は曲がらず自機まっしぐらだったりします。



 レンタルサーバー+WordPressで運営していた、ゲームのBlogをLivedoorブログに移転しました。


 記事&画像データをイン&エクスポートしただけなので、記事のレイアウトが変だったり無駄な改行が入っていたりしますが、記事自体を書き換えないと修復できないようなので、そのまま載せていたりします。その他にも気づいてない不具合があるかもしれませんが、その辺は気付いたら随時対処という事で。
 

 なお、レンタルサーバーのほうの契約が来週月曜には切れるので、それまでレンタルサーバーのほうの記事は読めますが、それ以降は順次データが削除されるので、読めなくなると思います。


 次攻略のゲームは、近日(2月14日)発売のスナイパーエリート4を予定していたりしますが、記事を書く暇があったら更新なので気長に待っているか、期待しないで下さい。




XboxONE Sniper Elite 4(スナイパーエリート4 北米版)〈Sold Out〉2/14発売[新品]
XboxONE Sniper Elite 4(スナイパーエリート4 北米版)〈Sold Out〉2/14発売[新品]