proot-001


 XboxOne用ゲーム プロジェクトルート。
 南米はアルゼンチン製の全方位スクロール型2Dシューティングゲーム。全方位から襲って来る敵機と敵弾を撃って避けてしながら、1マップに複数あるミッションをクリアして進めて行く、海外の人が好きそうなシューティング。

 自機の武装は地上用と空中用の2種(同時使用可というか常時発射してるほうが有利)と、弾数制限あり(道中のアイテムで補給可)のサブウェポン
 体力+残機制。自機の防御力がなくなった状態で被弾すると自機1機減。
 マップクリア及びスコアで得られるポイントで武装や自機防御力をレベルアップする方式。(ただし、レベルアップは難易度別)
 
 自機に妙な慣性が効いてるため、直感的に動かせないのと画面外からでも敵が攻撃してくるので、弾幕系のプレイスタイルの人には向かないかと。その辺は諦めて防御力と残機を食いつぶしながら、クリア目標のミッションを達成していったほうが良いかと思います。ただ、攻撃力の高い追尾弾を出す敵が、ガンガン出て来るのでその辺をどう対処するかは攻略法を考えなければいけません。

 全体的な難易度は低めで、だいたいボスの周りを周って攻撃してればクリアできますが、同時にザコ敵や追尾系の弾が出て来るので、そっちを処理するほうが難しいかと。難易度ノーマルくらいなら、地道にレベルアップしてフルレベルアップすれば、オールクリアも可能なくらいの難易度。

 敵ライバルキャラが出て来たり、日本のゲームやマンガ・アニメとかの影響を受けまくりな感じだったりしますが、全クリアするまでプレイするモチベーションを、維持できるゲームかと聞かれると、残念ながら「はい」とは言えません。自分は安売りの時に500円くらいで買ったのですが、それでもかなり微妙でした。(折角買ったので取り敢えずノーマルクリアはしましたが)


proot-002
本作のざっくりとしたストーリー。
まぁ悪い奴いっから、キル・ゼム・オールというよくあるヤツです。
proot-003
本作の主人公ランス。
マップ開始前とクリア後に、こんな感じの静止画デモがありますが、絵が全部固定で、テキストが変わるだけだったりします。
このランス兄貴ですが猜疑心がやたら強かったり、勝つためには何でもする主義だったりと、主人公としてはどうかと思う部分が多々あったりします。
proot-004
本作のヒロイン シンチ。
萌え要素など一切ない所が海外製っぽいです。
なお、それ以外は特徴がなかったりします。
proot-005
proot-007

ゲームプレイ画面。
敵弾が雨あられと降っていようが、お構いなしに画面右下にテキストボックスが表示される仕様。もちテキストボックスに隠れて敵弾がいきなり現れたりするので、テキストを読む暇はありません。(注 画像はゲーム序盤の画面です。それ以降だと敵機&敵弾だらけでスクショを撮る暇がありません)
proot-006
自機を旋回中の射撃は曲がります。なので、コツを掴まないと弾を当てにくい仕様になっています。なお、敵弾は曲がらず自機まっしぐらだったりします。